妻のクルマが故障

2020年2月1日(土)
先週、妻の車がまた故障しました。
スズキエブリィーバンDA 64Vです。
エンジン警告灯が点灯しました。
4BA96CCF-7B9E-40B1-B6EE-F46347EA6452.jpeg

このエブリィーは6年ほど前に中古で買ったのですが最近あちこち壊れました。
まず、6万キロでクランクのメタルが焼付きました。水もオイルも問題なく入っていてクルマ屋さんがクレームで処理してくれました。
その後はしばらくよかったのですが、昨年、走行距離が10万キロになり、バッテリー上がりがたびたび発生したのでバッテリー交換、それでもダメでオルタネーター交換、それでもダメでバッテリー上がりがつづきました。
リモコンキー受信機がおかしいようで、アラームモードを切ったらバッテリー上がりが2ヶ月に1回になりました。
そして次はセルが回らなくなりセルモーター交換。
その後、昨年10月にエンジン警告灯が点滅、クルマ屋さんに持ち込むと、2番シリンダーのバルブが摩耗して圧縮漏れだと。
リビルドのエンジンに載せ替えが必要で30万円位掛かると言われました。
廃車を考えたのですが、寸前で私がネット検索で、スズキが保証延長のリコールを出しているのに気付きました。
そしてクレームでシリンダーヘッド交換。
これでエンジンは素晴らしく快調になったのですが、今回のエンジン警告灯点灯。
クルマ屋さんに持ち込むと、すぐ見てくれて、
エンジンテスターで確認すると、触媒がダメになってます、と。
交換すると7〜8万円掛かると言われました。
なのでいよいよ廃車かなとあきらめました。

でも、せっかくシリンダーヘッドも交換したし、エンジン的にはまだまだ走るはずなので私は修理したいと考えました。
でも、妻はこんな壊れ続ける呪われた車には乗りたくないと言い出しました。
私は機械屋なので機械に当たり外れや、まして呪いなどあるはずもない事を知っています。
ただ、私はクルマの修理は好きではないので必要が無ければやりません。
でも、そんな事も言ってられないので今回はネットでクルマの修理事情を勉強しました。
2日丸々掛けて勉強してみると凄い進化してました。ビックリです😵
私は農機具とか古いものばかり修理していたので浦島太郎になってました。
C6D64CDF-F409-48A2-8808-D214C30DC892.jpeg

勉強した結果、OBD II(オンザボードダイアグノーシスII)というシステムが2008年から国交相が小型自動車に搭載義務付けにした事や自動車故障診断機が中華製で¥1500ほどで買えること、そしてスマホアプリで世界中のメーカーの診断プログラムが選べる事がわかりました。
さらにスズキは船の船外機にもこのシステムを搭載していました。
おそらく今後ヤマハも続くと思われます。
私はこれから船外機の修理もやっていくつもりなのでOBD IIは必須なのがわかって良かったです。

故障診断機は色々調べた結果、ELM327を買いました。Amazonで送料込み¥1,580でした。偽物だらけ、というか本物が無いので選択に苦労しました。
8D7261C7-03C7-4E04-998F-5A09951F89D3.jpeg

スマホアプリも沢山出ています。私はiPhoneなのでWiFi接続のiOBD IIをインストールしました。このアプリは日本語対応してるのですが英語の方がわかりやすいので英語にしてます。
メーカー、車種、年式と排気量そして燃料ガソリンを選択しました。
01631D10-0C98-495A-B47A-1392265CC745.pngF1F28092-88E3-4170-A809-5964C3DE5C7E.png

早速妻のクルマのOBD IIコネクターに接続してエンジンを掛けてiPhoneのアプリで見てみました。
86F0205E-93E7-4FA2-9045-01CC362B5570.png

各センサーの値が一目で分かります。
時代の進化に驚きました😵

そして問題の触媒劣化の判定に使っているフロント、リアのO2センサーの値は、
08785F55-C308-4C25-9E77-A72A1EE25E69.png

フロントが1V弱でリアが0V付近なので正常です。
今後はしばらくこのまま走ってみてまたエンジン警告灯が点灯したら診断機とスマホでダイアグのエラーコードをチェックして、コードP0420が出ていたらO2センサーの値をチェック。必要ならフロント、リアのO2センサーの電圧変動をオシロスコープで波形で見ます。
(うちには旧式の2chのオシロスコープ=廃棄物置場出身=がいます)
そして異常がなければリセットして警告灯を消します。
その後たびたび警告灯が点くようならスズキのディーラーに持ち込んでECMのリプログラミングをしてもらおうと思います。

今回は妻のクルマの故障がきっかけでOBD IIの勉強ができてマジ良かったです。

でも、ホントはクルマの修理に関しては、私が勉強するんじゃなくてクルマ屋さんが勉強して欲しいんですけど😭

あ、それでリモコンキーの受信機も開けてみました。
B3244EF3-C9C3-4B5F-BDAD-EF67D82D8B79.jpeg056A46DD-2592-4F0A-9F23-B889370958D6.jpegB46CEF56-796F-4539-B388-A1A009D921E5.jpegDD7B1822-E8AB-40AF-BF0C-B4C66AE07FA3.jpeg

ネットの記事でアンテナのはんだ付け不良があった、と言うのを見たのですが、基板に外観上の異常はありませんでした。
アンテナの根本のカシメがカシメ過ぎていたのではんだを盛っておきましたが感度に変化はありませんでした。
3F5723DA-809B-433F-893A-30F64A813145.jpeg2FD27AAD-7890-47D1-A88A-3285AB2A8F0B.jpeg

この先バッテリー上がりが続くようならヤフオクで中古の受信機買って交換してみるつもりです。

という事で、「呪われたクルマ」を廃車するまで乗り続けます😙

ちなみに妻は強いので、しっかり説明したところ、わかりましたこの呪われたクルマでいいです、と言ってくれました😊

この記事へのコメント