ガレージの屋根修理とかぶってる木の伐採

2019年10月28日(月)

山の上のガレージは二階の床が抜ける寸前です。原因は畳の下の床材がMDF(中密度繊維板)という水に弱い材料を使っている事と屋根のトップのトタンが飛んでしまっていて雨漏りしている事です。
784AF92B-1E7A-4B91-A72C-7C91F12854BC.jpeg97ED7DB2-32E3-4143-8ECE-2ACF9DA6F869.jpeg
9BB4607D-6B03-49C6-A8F3-68A9575A1075.jpeg

まずはガレージ周辺のかぶっている木を伐採します。
ちなみに、かぶっている木の生えている土地の地主さんには、伐採をお願いしましたが、諸々の事情で出来ないとの事で、仕方なく私が切ることになりました。
なので伐採の許可はもらってあるし、切った木は周辺に積んで腐らせるでOKです。
前回の竹藪伐採で、切った物の処理が重要なのを学習しましたので地主さんに確認をしておきました。

ビフォーアフターです。
まさに木の中から家を掘り出した、っていう感じです。
59BA334F-91DC-4F0B-97CA-5DB61BEA59CC.jpeg
0862E85D-C8B2-4735-ADED-0F36C3BFBAF0.jpeg
次は屋根です。
DC7E5DBE-7060-4D15-B062-D3FE41AE8FF1.jpeg
9D2E8DB6-D0FD-4E7C-B4DB-94ABF5D7ADA9.jpeg
これでとりあえず床が抜けるのは何とか進行が止まったと思います。

ガレージはまだまだやる事が山積です😙

この記事へのコメント