ジュークボックスの修理 ②

2019年9月1日(日)
修理を始めたジュークボックスですが、考えていたよりはるかに難易度が高いことがわかってきました。
7ADCF23E-1E73-4D7F-85CA-B9FF698DE426.jpeg057068E6-6F55-48D4-85BA-14843911A755.jpeg

ネットでサービスマニュアルを探すと、アメリカのサイトにありました。
有料でpdf化したサービスマニュアルがダウンロードできました。
15ドルでした。
これで確実に修理はできるとほくそ笑んだのですが、とんでもない。
50年前のアメリカ製のカムとクラッチで駆動する心臓部はハンパな知識では全く歯が立ちません。
必死でサービスマニュアルを和訳しましたが、日本語にして読んでも意味がわかりません。
1422D96F-8262-4690-BEE6-B6AFB03FDA7B.jpeg307AC495-64FB-4CA9-9717-F8353F5B50D5.png

クラッチレバーを手で動かして遊びを見ながら最も遊びの少ない位置でネジを締める、とか。こんなの英語で書かれてたら直訳じゃなんだか分からないです。

今日は午後から直訳したサービスマニュアルを持ってS旅館さんにお邪魔しました。
そしてクラッチ調整にトライしました。
でも、現物のどこを見てもクラッチ2,3,4のネジが見つかりません。

今日も惨敗でした。

帰りにご好意で温泉に入って行ってくださいと言ってくれるご主人のお言葉に甘えて、お風呂を頂いて帰ってきました。
ご主人、いつもありがとうございます。
4E8C9A60-3CB5-4C9E-8AB1-C1A5A70EBFEF.jpeg

言葉が通じないなら、次は動画探しですね😊

この記事へのコメント