また雨漏りの季節がやってきた

2019年6月28日(金)
今年も梅雨に入り激しい雨が降るようになりました。
うちは築150年です。最初は草ぶき屋根だったそうですが、今から60年ほど前に清水から船で屋根瓦を運んで瓦ぶきにしたそうです。
そして今は、時間雨量20ミリ以上の雨が連続3時間以上続くと雨漏りします。
66C4E574-F798-4D25-A0B1-8571C639E75F.png

今日もかなり激しく降るようです。
事前に屋根裏に上がって確認しました。
雨漏りする箇所は決まっているのでビニールシートを敷いてオケ類がたくさん置いてあります。
そして風向きによって漏る箇所が微妙にズレるので漏れ出したら屋根裏に上がってオケを置く位置を微調整します。
4E09C7BB-225E-43EC-B633-CA7FE2907C03.jpeg231ACE8D-0FEF-4CCB-8504-8E2FB0A36B25.jpeg6CD540EB-CE17-4C5C-927C-6C0B5262199E.jpeg

あとは蔵ですが、こちらも母屋が雨漏りするようだと裏の水路の水があふれて床の隙間から浸水します。
今回はモルタルで対策しました。
A8DE2355-E42C-4474-A8F7-813A0F38DB3C.jpeg

今回の雨漏りはそれほどでもありませんでした。
蔵は何とかモルタルが効いて浸水ありませんでした。

やっぱ古い家に住むにはそれなりの覚悟と多少の問題にはビビらない太い神経が必要です。
では太い神経を作るにはどうすれば良いか。
神経が太くなるまで何度も何度もビビって凹んで、そして復活を繰り返す事です。
そのうち慣れてきて、雨漏り?たかが水が降るだけだべ、拭いて乾かせばいいじゃん、となります😙

ちなみに妻は私の事を、ビビりの小心者と言います😊

この記事へのコメント