貧乏焼

2019年6月25日(火)
今日は夕食にお好み焼きを食べました。
59543CBF-4E3E-47BC-8588-867107AE4A16.jpeg

うちのお好み焼きはちょっと変わっています。
多分母の家から伝わってきたものだと思いますが、材料が小麦粉、卵、キャベツ千切り、桜えび、ウスターソースで、食べる時に青のりを掛けます。

普通のお好み焼きは外はカリカリ中はふっくらジューシーだと思いますが、うちのは薄く焼くので韓国のチヂミ見たいです。

まず、油を敷いたフライパンに具材を流し込んでおたまでよく伸ばして広げます。そこに桜えびを乗せます。
C29102B7-35E6-4989-A0F1-A097923D3717.jpeg

表面まで焼けたら裏返します。
3E04C563-A5ED-46C7-9BE2-6191F5CA6FDF.jpeg

桜えびが焦げて香ばしい匂いがしてきたらフライ返しで縦横にスリットを入れます。カンカンカン、て。
完全に切っちゃわないで切れかかって繋がってる状態にします。
A2C0D2FE-1CB3-4E58-8690-F84BCE3A85DF.jpeg

そこにウスターソースをかけてフライ返しで伸ばしたら
EE357525-4549-4E1B-8C21-661D46D0F9B6.jpeg

ひっくり返して焼きます。
この時ソースが焼けて盛大な煙と音がします。
半分に畳んで、もう一回畳んで1/4に重ねます。
1F5B97DD-BBDB-4EBC-AA0E-5B5707D52F93.jpeg289BD9F5-0584-4186-99EC-94EDF7436936.jpeg

そして青のりをかけて出来上がりです。
私は小さい頃お好み焼きはこれだと思ってましたので大人になって本物のお好み焼きを初めて食べた時、これはお好み焼きじゃないと思いました。

大人になって入れる具を色々変えてみたりしたんですが、何故か桜えびだけじゃないと美味しくないんです。
あと、ソースもウスターソース以外じゃダメなんです。
これを食べた私の友人が「貧乏焼き」と命名してくれました。
9366DDEC-5E4A-468C-80CA-51DC2E517A31.jpeg

一体どの地方の食べ物なんでしょう?
ひょっとして終戦直後の物がない時代に誰かが考えた食べ物ですかね😊

この記事へのコメント