バインダーの修理 後編

6月14日(金)
昨年9月に柿崎のkmさんから修理依頼されたホンダのバインダー (稲刈り機)TB260ですが、前回の修理でギヤボックス全バラしと調整組立てが終わって待機状態で半年経ってしまいました。
45EAA427-A6BA-43D9-923B-6CB3BD363F2A.jpegB4C8E8CB-DF98-4669-8A9C-00D8BE8B91E3.jpegE63E2BCE-E192-459A-BB9C-A5C33C9E293B.jpeg
今年の秋までに修理すればいいよ、と言われていましたので後で後で後でやればいいや、となってもうすぐ夏になってしまいます。
修理にあとどれくらい掛かるかはやってみないとわかりません。
最近このバインダーの修理が心理的プレッシャーになって悪循環が回ってました。

スタート→早くやらないと→でも時間がない→秋までに間に合わないんじゃね→おめー半端人足じゃん→修理屋のプライド無いのけ→しょせん素人移住者の修理屋気取りダベさ・・・・

今日から3日間時間が空きました。そして天気も大丈夫です。
やります!
前回の修理で、怪しかったギヤボックスのチェーンのテンション調整は終わってるので、とりあえず組立ててから調整してみます。

2日目の午前中に組立完了!
C38B7B41-36ED-4030-824B-B9A91A4F03A7.jpeg8955D442-0F60-4EAD-AA49-B346F3BAAFEB.jpeg07282812-D1BD-4AAB-B92F-D5467E913A8A.jpeg

ネットで調べると、このバインダーはホンダが販売してますが三菱が作っています。三菱も自社販売していて、型番はMB260でカラーリングとロゴ以外全く同じに見えます。
相当古くて30年位前の型のようです。

古すぎて取説等は入手できなかったのですが、同じ三菱バインダーの少し後の型の取説がダウンロードできました。
C5047B19-C3E8-4F52-B673-E4606741EE36.png

もくろみ通りジュート麻紐の通し方とかテンション調整とか基本的な構造は変わっていませんでした。
そしてエンジンを掛けて動かしてみるとOKでした。
稲は無いので試しに木のこっぱを入れてみると結束できました。
E8C0C3D7-6D3A-481F-B0E7-A9CA854360F2.jpeg

動画です↓


kmさんは仲間と趣味でお米を作っているそうです。
今回は結束する部分だけの修理をしましたが、あちこち傷んでいるので、私が出来る範囲の修理見積もりを出しておきました。
あとは仲間の人たちと相談してどうするか決めるそうです。
1CEC5A89-BBD6-4290-8C85-9943D2756681.jpeg

あと、秋の穫り入れの時には機械の調子見を兼ねてお手伝いに行ってみたいと思っています。
でも、趣味で田んぼをやるって、すご〜いなあと思います😙

6月24日追記
今日、kmさんがバインダーを引き取りに来ました。
修理代を頂いて話をしましたが、現状のままで秋の稲刈りに使う予定だそうです。
kmさんは秋の稲刈りには呼んであげるよ、と言って帰りました。
A4962936-D5CC-4F11-9F89-2B7773BE5855.jpeg

秋の稲刈りが楽しみですね😙

この記事へのコメント