前の勤務先から旋盤加工の仕事を受注

2019年3月19日(火)
下田に移住前に勤務していた◯◯電機製作所から旋盤加工のオファーが来ました。
電話工事の人が使う試験機のパーツです。
もう半世紀以上も使われているベストセラーの試験機です。
なので私が受けた仕事も何年続くかわかりません。

この仕事を受けるに当たって、まずコレットチャックが必要になります。
私の旋盤はベンチレースという卓上旋盤です。
コレットチャックは掴む外径毎に必要なので今回は4種類のコレットチャックが必要になります。
☆コレットチャックの動画です↓

今回加工する部品はアルミや真鍮の肉の薄いものがあるのでブランクコレットという掴む部分が未加工の物を加工して作ります。
0BAE2750-564B-4ED4-BB9B-7CEBA340A15C.jpeg

すり割が入っていますが中心は繋がっています。
ドリルで穴を開けて
DDE13590-7696-4835-8C44-76E61FA5CFE3.jpeg

部品の外径と深さを合わせて加工しました。
DF6ADDD4-8130-4B61-BE4F-1BD6D5DFD11F.jpegDEBC870C-FF81-4B7C-87D6-4789D2E235E5.jpeg

このコレットチャックは加工のノウハウも含まれるので私が費用を負担して購入しました。
1本¥6,000ほどでした。

次に加工の寸法を測定する測定器が必要になります。
◯◯電機さんは国際規格のISO9000を取得しているので、加工外注の私でも国家標準とのトレーサビリティが証明できる定期校正された測定器を使わなければなりません。
なので校正済の測定器を貸与して頂きました。
まずノギス。
E1B852B3-6453-4304-B9C7-0E66CD291846.jpeg970221D6-511C-4DF0-9641-D3A665982182.jpeg

そして段差を測定するリニアゲージ。

9150CE23-2BCF-47AC-86D1-517B456D7CFC.jpegD7CE7B54-0481-45A8-8050-D6DB3663041B.jpeg
まず今月は加工が難しい順に2種類の加工が各1,000個ずつ発注されました。
224934CE-43B1-4D99-A708-6E030ECF3632.jpeg
私は普段SUS304という割と硬いステンレスしか加工しないのでアルミは柔らか過ぎてうまく切れませんでした。
とにかく刃先を鋭利にしてスピード上げて一気に切ると切り口にバリが出ないのがわかりました。

加工後は外観検査と寸法の検査をしました。
下田に来てからの生活の中では1,000個なんて数を扱うことはありません。
数えるだけで10分くらい掛かりました。
B7E3E222-B5F0-45FF-BF86-A1ACF5142414.jpeg

そして規定の数を抜き取って出荷検査。
検査成績表もエクセルで作りました。
3724F57D-08A2-413E-A66B-CBABB38FD2B6.jpeg

今月分はあと一種類を加工、検査して、22日に◯◯電機さんに持ち込んで品質確認してもらって納品します。

以前は加工外注さんが持ち込んだものを私が検査していましたから、今は逆の立場です。
無事納品できるでしょうか😙

この記事へのコメント

  • カナリアブルー

    いやーすばらしいです
    まさしく、芸は身を助けるですね
    勉強になります
    2019年03月19日 22:29
  • 清次郎屋



    >カナリアブルーさん
    ホント、ラッキーでした。
    ロープウェイが長期休業で収入が減った分旋盤が稼いでくれるので助かりました。
    2019年03月20日 06:24
  • 中原 田舎暮らし

    船の部品も補修や加工ができるのでは?
    もっと幅が拡がりそうですね
    2019年03月20日 19:44
  • 清次郎屋



    >中原 田舎暮らしさん

    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り条件が合えば船舶関連の仕事も出来ると思います。
    チャンスがあれば是非やりたいですね。
    2019年03月21日 05:35