耕運機修理の罠

2019年2月25日(月)
近所のtmさんから耕運機のエンジンが掛からないから見てくれ、と頼まれていたので工具一式持ってtmさんの畑に行き見てみました。
AFE253AB-1932-4F0F-BD04-178171A53DC1.jpeg

結論です。ただのガス欠でした。

しかし過去に何度も何度も同じ繰り返しです。
タンクキャップ開けてちゃんと見ないで修理を始めちゃうんですよ。
そしてメインジェットの詰まりかな?
なんていうところまで行ってから、念のため、って燃料コックのストレーナー外して・・・あれ、出てこないじゃんて。
この耕運機は相当古いのでタンクの底にわずかにガソリンが残っていても落ちてこないんです😥
だいたいペンキが塗ってあるんですが燃料の残量がわかる透明チューブまで赤く塗ってあるし。

悔しいので透明チューブを新品に換えました😙
9368C24C-A0A4-4175-BE7A-2D69E0FFFBC6.jpeg

これで次は騙されないぞ!

この記事へのコメント