再就職手当

2017年11月19日(日)

今日は移住計画の話です。
最初の移住計画では下田に転入後、失業手当の支給を受けながら就職活動をする予定でした。
しかし、急遽予定変更して再就職しました。
この理由について書きます。
17011.jpg

以前再就職した時の日記では「機会損失」のためと書きました。
7月にハローワークに行き手続きをしたのですが失業手当が支給されるのは待機期間3ヶ月後を過ぎても就職先が見つからない場合になります。
そこから失業手当が支給されたとして就職先が見つからず、フルにもらったとすると5ヶ月間なので来年の3月までアルバイト等ができず、また最終支給が3月では再度個人事業主の登録をして確定申告という予定が崩れてしまいます。
そこで気付いたのは「再就職手当」です。
再就職といってもフルタイムで正社員では時間に縛られ過ぎてしまうので最短を考えました。
再就職手当支給の条件として「雇用保険に入っていること」となっており週20時間以上の労働時間の契約が対象となります。
この条件でハローワークの端末をたたいて探したところ現在の仕事が見つかりました。
ここに就職してしまえば副業・アルバイト等の縛りがなくなるので、色々な展開が可能になります。
失業手当をもらってじっと何もしないでいる事が「機会損失」です。
約半年間の機会損失を考えると失業手当フルの金額の70%をもらって自由がある方が良いと判断しました。
さらに「就業促進定着手当」という制度もあり、就職してから6ヶ月継続すると私のケースでは約15~20万円ほどの手当てが支給されます。
これを合計すると失業手当をフルにもらうのとほとんど変わりません。
この辺りは実際に私のような状況になった人でないとなかなか調べたり理解したりは難しいと思います。
それとこの話を書いたのがなぜ遅いのかは、ブログに余計な事を書いて支給に差し障りがあるとヤバいなーと思ったからです。
どちらにしてもこの「再就職手当」と「就業促進定着手当」は副業で個人事業主の方が失業した場合の失業手当がもらえない、というケースの救済に十分なると思います。
あまりないと思いますがどなたかのお役に立てば幸いです。


この記事へのコメント