危険な扇風機

2017年7月28日
家の中を一通り掃除機をかけると、ふと扇風機のカバーに毛ゴミが付いているのに気づきました。
外して洗っているうちにふと、最近の扇風機のカバーは小さい子の指でも入らないように隙間が6ミリとか7ミリとかの規格でできていることを思い出しました。
うちは子供いないしこの隙間を大きくすれば効率がすげー上がるよな、と私の中の悪い虫が動き始めました。
まずはカバーなし。
IMG_1837.JPG

これで自動で首振りさせましたが、やっぱ危なくて使えません。
ガードを間引きしてやればいいか、
IMG_1835.JPG

数えてみると108本あるカバーのバーを半分の54本にニッパーで切りました。
IMG_1839.JPG
結果は予想以上でした。
風量が三割増し位になったでしょうか。
風量中で改造前の強より強く感じます。

ガードの本数108本て何だか人の煩悩の数みたいだなと、設計者の意図か偶然か?
下田に移住して私の煩悩も54本に減るのでしょうか😙


この記事へのコメント