電動リールの修理

2017年5月2日
現在日記(須崎)

電動リールの修理は、すでに2台預かっています。
古いもので製造から30年位経っているようです。
1台は基板が腐食して修理不能。
もう一台も分解した形跡があってセンサーが欠品、基板は外観は無事ですがタクトスイッチが機能しません。
いずれ時間が取れたらニコイチを考えていました。
昨日、同じ漁師さんからもう一台持ち込まれました。
こちらは割と新しいもので最近まで動いていたそうです。
電源に繋いでみるとインジケータ類は正常ですがモーターが回りません。
分解してみると基板は無事。
モーターのコネクターに直接12Vをかけるとカツンと反応しますが回りません。
テスターで抵抗値を測ると数オームなので良さそう。
そうこうしてるうちに赤リードがポロっと取れました。
こいつだべ、と一気にバラしてモーターも分解。
原因がわかりました。
はんだが外れてます。
コンデンサのリードも外れてます。
IMG_8974.JPG
このはんだ付けを直してみてこのままそーっと元どおり組んで作動確認してOKなら再度分解して各部の洗浄とグリスアップしてみます。
どちらにしても手元にリール用のグリスが無いので手配しないと。

まだ一台も修理できてないんですが、この漁師さんからサバを頂きました。
今日、キンメ漁に行ってキンメの仕掛けに掛かったそうです。
IMG_8981.JPG
このサバは昨日夜に味噌煮で、今朝塩焼きで美味しく頂きました。

そして今朝、ランニングで爪木崎、外浦まで行って帰って、
IMG_9002.JPGIMG_9035.PNG
もらいものばかりの朝食を食べていると、昨日の漁師さんがまた来て、これも見てくれや、ともう一台置いて行きました。
IMG_9041.JPG
こいつはごく最近まで現役だったようですが、高速・低速の切替ができなくなったそうです。

これで計4台預かってしまって、何だか借金で首が回らない状態みたいな不思議な感じになりました。

う〜ん。
時間を掛けて地道にやりましょう。

この記事へのコメント