須崎ルール

2017年3月6日
現在日記

須崎の物件を初めて見に行った時に不動産会社の人が、須崎は漁師さんが多く閉鎖的ですから大変ですよ、と言われました。
中古の家電家具を買いに行って須崎まで配達してくれた店員さんも同じ事を言われました。
私と妻には須崎に知り合いは1人もいません。
住んでいる人はみんな親戚ばかりで、よそ者はなかなか仲間に入れてもらえないのではないか最初はすごーく心配でした。
そこで考えたのが「須崎ルール」です。
須崎で会う人会う人すべての人に大きい声で笑って挨拶をする事、という私と妻のマイルールです。
IMG_4387.JPG
家の前の路地を知らない人が通っただけで、おばーさんが2人いれば、ありゃどこのもんかいな?という土地柄です。
私達には誰がどの家の人かかわからないし、まして観光客も歩いてるし、こりゃ会う人全員に挨拶するのが一番っていう考えは合ってました。
私と妻は散歩が好きなので須崎中あちこち歩き回るのですが、この須崎ルールを実践してみるとすごい効果がありました。
お年寄りが多いのもあるのでしょうが、すれ違いざまに大きい声で、こんにちは!と言うと、かなりな確率で相手が話し掛けてきてくれます。
あんた達どこのもんかね?から始まって、須崎に移住予定だと言うと、須崎の事を色々教えてくれます。
買った家の屋号が清次郎屋だというのも知らないおばあさんに教えてもらいました。
あと、面白いのは観光客の人にも大きい声で挨拶をするのですが結構な確率で返してもらえます。
お互い無言ですれ違うのと挨拶をして笑ってすれ違うのでは空気が全然違います。ほっこりできますしね。
これって須崎のイメージアップにもつながると思います。

須崎ルール、オススメです。

この記事へのコメント