個人事業主廃業届

2017年2月28日
現在日記

今日は会社を休んで個人事業主の廃業手続きをしました。
私は本業が会社員で副業でドールスタンド屋を個人事業主としてやっています。
今回の移住プランを最初に考え始めた時に、現在の副業の個人事業があると会社を辞めた後に失業手当が支給されない事がわかりました。
確かに会社を辞めた後は再就職はせずにドールスタンド屋と修理屋、それと平塚の自宅の賃貸料で食べて行く予定ですが、釈然としません。
だって失業保険を30年も払い続けて、まして任意加入ではなくて強制加入ですよ。
で、辞めた時には副業の事業があるから手当は支給しないって・・・
ふざけんなよ!って思いました。
試算すると退職後にもらえる手当は5ヶ月間で約80万円になります。
80万円稼ぐにはどれだけ大変か。

なので一所懸命ストーリーを考えました。

1. 2017年1月にドールスタンド屋の28年度確定申告を完了。
(うちはe-taxなので1月でも完了できます)
2. 2017年2月に私が個人事業主の廃業届を出す。
同時に妻がドールスタンド屋を引き継ぐ形で開業届を出す。
また、青色申告承認申請もする。
3. 5月31日で会社を退職
4. 3カ月の待機期間後9月から失業手当が支給される。
もちろん本気で就職活動をする。
5. 2018年1月 最後の失業手当をもらう。
その時に「やはり自分に合う就職先が見つからない」と判断し、清次郎屋を開業する。
6. 2018年2月に清次郎屋で29年度の確定申告をする。

私の青色申告については取りやめはしません。
自宅アパートの賃料が入るため2017年度の確定申告を青色申告しますので。
ちなみにアパート1棟2部屋の賃貸であれば「事業」とは認められず、失業手当は支給されます。

表にまとめました。
IMG_7765.PNG
ただ、これは私の考えなので法律等のわかる人に確認してもらわないとコケる可能性があります。
なので平塚市役所の無料市民相談を利用して、社会保険労務士さん、税理士さんに確認してもらって私のプランで法的に問題がないか確認してもらい問題がない事の確認が取れました。
IMG_7762.JPG
という事で平塚税務署に廃業、開業届を出して来ました。

この記事へのコメント